スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
クリソプレーズの枝豆ペンダントトップ(4)
PD017-014.jpg 土台の裏側にへこみを作ります。槌目をつけた後なので、銀板が固くなっているため、バーナーでなましてやわらかくします。 坊主タガネをあてて、プラスチックハンマーで叩き、豆のふくらみになるようにします。下側は石枠をのせるので、ふくらませる 大きさは石枠と同じくらいにします。
PD017-015.jpg さやの先の部分を曲げてカンにします。バーナーでなましてやわらかくした後、ヤットコで曲げて、さやにつけるようにします。 接着面を銀ロウでロウ付けします。余分なロウをヤスリとペーパーで削りとります。
PD017-016.jpg 土台をヤスリとペーパーで整えたら、石枠をのせてロウ付けします。 土台の上に、底に瞬間接着剤をぬった石枠をのせて固定します。石枠の内側に銀粘土をうすくぬってから、バーナーで 火をかけていきます。
PD017-017.jpg 瞬間接着剤が燃えて、銀粘土が白くなって固定するまで火をかけます。次にフラックスをぬって、 銀ロウをのせてロウ付けします。爪の部分が薄くて熔け安いので、とのこを塗って保護します。 石枠の上から火をかけても溶けにくいので、裏返して火をかけると、土台側にロウが流れやすくなります。
[2017/01/26 05:47] ペンダント | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<クリソプレーズの枝豆ペンダントトップ(5) | ホーム | クリソプレーズの枝豆ペンダントトップ(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://atelierakane.blog101.fc2.com/tb.php/368-cdb82b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。