ルビーのリング(3)

RG023-008.jpg 石枠の横にシャカ玉を飾りとしてつけます。
まずシャカ玉を作ります。銀板のくずや銀線の切れはしなどを適当な長さに切って、竹炭の上に のせます。丸くなるまでバーナーのしぼった火をかけます。
RG023-009.jpg シャカ玉を3つあわせて、瞬間接着剤をつけてとめます。接着剤が乾いたら銀粘土をつけて、 バーナーで接着剤を燃やし、銀粘土が白くなるまで火をかけます。フラックスを塗ってロウ付けします。 同じ飾りをもうひとつ作ります。
RG023-010.jpg 次にシャカ玉の飾りを石枠の横につけるために、腕の部分をヤスリで削って、飾りの座りがいいようにします。 飾りと腕の接着面に瞬間接着剤をつけてとめます。接着剤が乾いたら銀粘土をつけます。 逆ピンで指輪を逆さに持ち、銅板の上にとのこを置いたところに静かにのせます。 銅板を遠くからゆっくりバーナーであぶり、とのこを十分乾かしてから、飾りと腕の接着面に火をかけて、 接着剤を燃やします。フラックスを塗ってロウ付けします。
RG023-011.jpg 酸洗いをした後、反対側にも同様の手順でシャカ玉の飾りをつけます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)