オレンジムーンストーンのペンダントトップ(4)

PD014-019.jpg 次にカンを作ります。
地金を糸ノコで長方形に切り、バーナーでなましてから、切り口をヤスリで整えます。
PD014-020.jpg 片側を3mmほど残して、真ん中を糸ノコで切ってV字に広げるようにします。
PD014-021.jpg 真ん中を広げてから、V字にわかれた端の部分をくっつけるようによせます。
PD014-022.jpg このあと、2つ折りにして、輪になるようにします。
PD014-023.jpg 接着面を斜めにヤスリで削り、ロウ付けします。
PD014-024.jpg ロウ付けして固定したら、V字の部分をヤスリで丸く削っていきます。中目、油目のヤスリで削ってから、ペーパーで整えて、カンの内側はキサゲをかけて整えます。
PD014-025.jpg 本体にカンをロウ付けします。
まず、カンをつける位置を決めてヤスリで削って接着面をつけてから、瞬間接着剤で本体にカンをくっつけます。 接着剤が乾いたら、銀粘土を水に溶いたものを本体とカンの接着面に塗りつけます。 銅板の上に本体とカンを裏返しでのせます。カンの下に、とのこを盛って接着剤が燃えた後にカンがずれないようにして おきます。
バーナーで銅板を遠くからゆっくりあぶります。とのこが水蒸気を出して乾いてきたら、全体にバーナーであぶって、 銀粘土が白く乾いた状態になったら、フラックスを塗ります。あとは通常のロウ付けと同じです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)