スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
トルコ石のペンダントトップ(3)
PD012-005.jpg 以前に作った透かしのペンダントの銀板の火にかけすぎて、少し溶かしてしまったものがあったので、 この上に石枠をとめてみようと思います。透かし模様がトルコ石によく合いそうです。
透かしの銀板の熔けた部分が出っぱっているので、これをミニターで削ります。この後、耐水ペーパーで整えます。
PD012-006.jpg 次に銀板の上に石枠をロウ付けします。
まず、石枠をのせる位置を決めてマジックで印をつけてから、瞬間接着剤で銀板の上にくっつけます。 接着剤が乾いたら、銀粘土を水に溶いたものを石枠と銀板の接着面に塗りつけます。 バーナーであぶって、銀粘土が白く乾いた状態になったら、フラックスを塗ります。あとは通常のロウ付けと 同じです。銀板と石枠を溶かさないように火の調節をします。ロウ付けできたら、余分なロウを耐水ペーパーで削ります。
[2014/03/07 21:51] ペンダント | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<トルコ石のペンダントトップ(4) | ホーム | トルコ石のペンダントトップ(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://atelierakane.blog101.fc2.com/tb.php/308-c624e04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。