スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャカ玉のピアス(2)

PR001-004.jpg ピアスのピンをロウ付けします。ピアスのピンとシャカ玉の接着面をヤスリで削ります。ピアスのピンに瞬間接着剤をぬってシャカ玉にとめます。
PR001-005.jpg シャカ玉にあわせて曲げた銅板に瞬間接着剤をぬってシャカ玉をのせます。銅板とピアスのピンの接している部分にとのこを塗ります。ピアスのピンとシャカ玉の接着部分にフラックスを塗ってから、バーナーでゆっくりあぶって、とのこが乾いたらロウ付けします。
PR001-006.jpg 酸洗いしてから、ピアスのピンの部分はやわらかくなっているので、ヘラがけします。
PR001-007.jpg シャカ玉の部分はツヤ消しの状態にしたので、軽くヘラがけしてできあがりです。
スポンサーサイト

シャカ玉のピアス(1)

PR001-001.jpg シャカ玉をつないでピアスを作ります。
まず、銀板の切れ端をバーナーで熱して、シャカ玉を作ります。できたシャカ玉をハンマーで叩いて平たくつぶします。次にシャカ玉を2個、または3個をロウ付けでつなぎます。銅板を丸くしたものの上に、瞬間接着剤でシャカ玉を3個並べて留めます。銅板のサイドにとのこを塗っておきます。
PR001-002.jpg バーナーでゆっくりあぶって、とのこを乾かします。とのこが乾いて、瞬間接着剤が燃えて、白っぽくなったら火を止めます。つなぎ目にフラックスを塗って、再度バーナーで火をかけてロウ付けします。
PR001-003.jpg シャカ玉を5個つなげたものをもうひとつ作ります。シャカ玉のつなぎの部分の熔け残ったロウをヤスリで削ります。その後耐水ペーパーで整えます。

グリーンアベンチュリンの木の葉のしずくのペンダントトップ(5)

PD020-017.jpg 余分なロウをヤスリとペーパーで削りとります。葉が少し膨らんでいるので、曲がりのあるヤスリを使うと 削りやすいです。
PD020-018.jpg 石枠の中にアワビの貝とグリーンアベンチュリンをセットして爪の長さを見ます。
PD020-019.jpg 少し長いようなので、爪の先端から1mm分をニッパで切り取り、先をヤスリで調えます。石枠の中にアワビの貝とグリーンアベンチュリンをはめて、ヤットコで爪を倒して石を留めます。
PD020-020.jpg 爪の部分をヘラとキサゲをかけて磨いてできあがりです。

グリーンアベンチュリンの木の葉のしずくのペンダントトップ(4)

PD020-012.jpg 葉の下絵の紙をバーナーで焼き飛ばしてから酸洗いをして、外側、透かし部分、表面をペーパーで整えます。
PD020-013.jpg 裏側にSILVERの刻印を打ち、表側は細かい槌目模様をつけます。
PD020-014.jpg 裏側から葉を木槌で叩いて、少し膨らまします。
PD020-015.jpg 石枠を葉にロウ付けします。瞬間接着剤で石枠を葉の上に仮留めしてから、石枠の爪の部分にとのこを塗ります。
PD020-016.jpg バーナーでとのこを乾かした後、銀ロウをのせて、ロウ付けします。酸洗いをしてから、金ブラシでこすります。

グリーンアベンチュリンの木の葉のしずくのペンダントトップ(3)

PD020-006.jpg 石枠をのせる土台を作ります。紙に葉の下絵を描き、ハサミで切りぬきます。銀板に接着剤で張り付けます。
PD020-007.jpg 透かし模様にするため、切りぬく部分にセンターポンチで印をつけた後、ドリル歯で穴をあけます。
PD020-008.jpg ドリルであけた穴に糸ノコの歯を通して切っていきます。
PD020-009.jpg
PD020-010.jpg 透かし部分が切れたら、外側を少し大きめに切ります。
PD020-011.jpg 外側をヤスリで整えていきます。
プロフィール

akaneya

Author:akaneya
「パンとお菓子のサロン~rire aux anges(リル・アンジュ)」のサイト管理人

リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。